ゆゆゆちゃんねる

統失DTMerゆゆゆによる音楽制作ブログです。

Cubase Proの無料体験

f:id:yupp0957:20180302232748j:plain

こんにちは。ゆゆゆです(´・ω・`)

上の画像はDAWソフトの代表格でもある『cubase(キューベース)』のガイドブックです。

この本だけで4000円しました。

DTMってほんとお金かかります。

事前準備やらなんやらで( ;∀;)

 

僕は今現在、cubaseの負荷に耐え得るノートパソコンを注文しています。

予算があまり無い中なのに、そのパソコンだけで諭吉が10枚くらい羽ばたいていきました\(^o^)/

DAWソフトはパソコンのスペックがショボいとフリーズしたり勝手に落ちたりします。

なのでなるべくパソコンの性能にはお金をかけるべきです。

ただDAWソフト自体も安くはないので予算配分は難しいところです。

他にも色々揃える物もありますしね。

それにこのcubaseの最上位版であるPROなんて6万円以上します。

実はそのことで結構悩んでいました。

 

cubaseは購入しても中にディスクなどは入っていません。

ネットでcubaseをダウンロードするためのコードと、USB型のライセンスキーが入ってるだけです。

そういった製品の特性上、一度購入したら返品などはできないそうです。

つまり絶対に失敗できないんです。

音源の質などはDTMをする上で一番気になるところですが、それも実際に購入して使ってみないとはっきりとは分かりません。

 

このcubaseにはいくつかのグレードがあります。

最上位はPRO。

次がartist。

その下がelement。

あとはAIとLEです。

 

値段をざっくりで言うと

PROは6万円

artistは3万円

elementは1万円

AIとLEに関しては別製品にバンドルされてたりします。

僕の場合はZOOM社のMTRのR8にLEがバンドルされてました。

 価格が安くなるほど使える機能は制限されていきます。

 

次にこのcubase

例えば最上位版のPROにもいくつかの種類があります。

まずは国内正規品の通常版

次が国内正規品尾のアカデミック版

次が並行輸入品の通常版

そして並行輸入品のアカデミック版

これら4つのPROは中身は全く同じ物なんですが値段が全然違います。

特にアカデミック版は安いです。

通常版より2万円くらい安く買えます。

ただしアカデミック版を購入できるのは学生や教職員などだけです。

僕のような一般人は購入できません。

 

ただその購入制限の網を掻い潜る方法はあります。

それが並行輸入品のアカデミック版です。

国内正規品のアカデミック版よりも少し安い上に購入制限がありません。

日本語にも対応していますから値段だけ見ればこれが一番お買い得です。

ただしこれは並行輸入品であるので日本の正規代理店であるYAMAHAからのサポートは一切受けられません。

そこが一番のネックです。

 

 なので本当は国内正規品の通常版を購入するのが一番無難です。

ただやはり値段が高いです。

それにそのDAWが自分に合っているかは使ってみないと分かりません。

 返品不可な上に6万円以上もお金を払うわけですから『やっぱり自分には合わないな』では済みません。

お金をたくさん持ってる人はいいでしょうけど、僕のような貧乏人は絶対に失敗できません。

 

そんな風に悩んでいたら驚くべき情報を入手しました。

なんとスタインバーグ社のウェブサイトからcubaseの最上位版であるProが30日間無料体験できるようなのです\(^o^)/

なんという太っ腹。

これなら実際使ってみて音源の質や自分に合っているDAWなのかをじっくり体感できます。

 

ただしUSB型のライセンスキーはどちらにしろ必要なようです。

調べてみると楽器店に5000円くらいで売ってました。

cubase elementもProと同じように無料体験できる上にライセンスキーが不要なのですが、elementはProと比べて機能制限が多すぎるので無料体験するならProですね、絶対に。

新たなパソコンが届く日が待ち遠しいです(´・ω・`)