ゆゆゆちゃんねる

統失DTMerゆゆゆによる音楽制作ブログです。

MIDIキーボード⇒PC&DAW⇒MTRという音楽制作方法はありか?

昨日ブログに「Cubase le 8 を使ってみます。」みたいなこと書いたと思うのですが、実際に今日少し使ってみました。

f:id:yupp0957:20180404214254j:plain

これは起動画面です。

 

f:id:yupp0957:20180404214328j:plain

これは音色選択画面です。

 

最上位グレードの『Cubase Pro 9』とその下位グレードにあたる『Cubase le 8』とでは使える機能にかなりの差があります。

ただその差はCubaseをしっかり使いこなしている人が感じることであって、僕のような素人では具体的にどんな差があるのかと聞かれてもはっきり答えられません。

ただ音を色々と変化させる際の選択肢が狭くなったのは感じました。

 

そこで思いついたのが今回のタイトルに書いたことです。

つまりMIDIキーボードとPCとDAWで曲作りを完結させるのでなく、そこからさらにMTRに繋げて録音するという方法です。

f:id:yupp0957:20180331091617j:plain

なぜそんなめんどくさいことをするかというと、MTR内のエフェクトが使えるようになるからです。

画像のR8には少なくともインサートエフェクト(録音時に使用)が310種。

センドリターンエフェクト(録音後に使用)も60種あります。

これで音を変える幅は広くなります。 

 

ただ問題なのは制作方法が打ち込みではなくMIDIキーボードを使ってリアルタイムで演奏しないといけない点です。

R8にはドラムマシンが内蔵されてるのでドラムパートのみ打ち込みができます。

でもそれ以外は全てキーボードを弾かないといけません。

アルペジオも使うでしょうからMIDIキーボード用のサスティンペダルも新たに買わないといけないです。

それにR8はたまにデータが飛ぶことがあります。

ファミコンドラクエじゃないんだから・・・。

 

 

んー。

なんかいいアイディアだと思ったのですが書いてるうちにだんだん面倒な気がしてきました。

まあでも一度どんなふうになるか試してみてもいいかも。